知っておこう!テレアポ代行会社の選び方と料金体制

テレアポ代行会社によって料金やサービス内容が異なる

一昔前までは自社でテレアポをすることが一般的でした。しかし、最近ではテレアポの代行を請け負う会社の影響により、自社ではなくテレアポの代行会社を利用する企業が増えてきました。テレアポ代行会社によって料金やサービス内容が異なり、各社それぞれ独自のサービスを提供しています。代行会社によって料金体制は異なりますが、初期費用と稼働費用、オプション費用で構成されていることが殆どです。また、稼働費用には大きく分けて「コール課金」と「成果報酬」があり、稼働の実績によって枠が異なります。選択によってコストが大きく掛かることもあるため、選択する際には注意が必要です。

初期費用が必要になる

テレアポ代行会社に依頼をする際は初期費用が発生します。なぜなら、テレアポ代行会社では営業体制の構築やオペレーターの教育、人員の確保などが必要だからです。そのため、初期費用として数万円ほどの料金が設定されることが多いです。初期費用は無料と詠っている代行会社も一部にはあるのですが、稼働費用やオプション費用などの名目で初期費用が上乗せされていることが多いようです。

選定する際に大切なこと

テレアポ代行会社を選定する際に大切なことは「信頼できる業者」を選ぶことです。なぜなら、テレアポ代行会社に業務を委託することは、営業プロセス上において重要なパートナーとなるからです。だからこそ、料金の高い安いで決めるのではなく、信頼できる企業であるのかどうかを慎重に見極めることが大切なのです。

テレアポ代行の料金体系は、コール課金と成果報酬の2種類あります。前者は総じて費用が安いことがメリットで、後者は成果が出たときだけ支払えば良いというリスクの低さがメリットです。