人生一度は社長と呼ばれてみたくないですか!?

起業へのファーストステップ!

起業とは、新しく事業を起こすこと。と広辞苑には記載されています。新しい事業って一体何なの!?と思うかもしれませんが、自らが動き、雇われない系統で自らお金を生みだすということはすでに起業です!まずはその概念を持ちましょう!法人化していなくても、ビジネスをしてお金を生み出せば起業です。

起業へのセカンドステップ

では、そのお金を生み出せば起業という概念ですが、どのようにしたら良いのでしょうか?

昔と今では時代が違います。1980年代、パソコンが普及していなかった時代は小売がメインの販売ルートでした。今はどうでしょうか。店頭に実物を確認しに行き、インターネットを使って格安で仕入れている方が多いのではないでしょうか?

これが現代の販売ルートとなり、かつてとは異なる方法で顧客が物を買っている時代の変化といえるでしょう。

セカンドステップは、この時代の流れを知るということです。

いざ起業!何をしようかな?

法人化までいかなくても起業ということは先程述べさせていただきました。つまりは個人で行うということです。1番メジャーなのは転売などになりますが、ここでは細かい手法ではなく、概念を述べたいと思います。

その概念とは、現在行われている転売等がこの先も必ず儲かる手法とはなり得ないということです。この20年近くでここまで販売ルートが変化したという事実、そしてインターネットでこれだけ情報が多く得られる時代ですので、今の手法にこだわらないビジネスを行う、それが今の時代の起業ではないでしょうか?

最後に一言言わせてください!!

これから起業を考えておられる方に対し伝えたいことがあります。誰でも社長になれる今の時代です。時代に対応し環境の変化に乗りながら行えるビジネスで起業してはいかがでしょうか?

フランチャイズというと、コンビニなどを思い浮かべるでしょう。この仕組みは、そこに加入する業者が、看板やノウハウを使用する代わりに、その対価を支払うことです。