白色申告にて確定申告を行う際に知っておくべきこと

開業届けをしていなくても問題無い

確定申告は収入や費用などから算出された所得に応じた税金を納めたり、納め過ぎた税金を還付したりといった手続きのことを言います。会社員の場合は基本的には不要ですが、副業で収入がある場合は必要になる場合があります。そのため、まずは自身が確定申告を行うべきなのかをはっきりさせることが大切です。また、個人事業主としてビジネスを行っている場合も確定申告は行います。白色申告は開業届の有無は関係ありません。開業届を出している場合、白色申告ではない方法で申告をすることになりますが、1年間の売上や利益、経費などから最終的に納めるべき税金を算出する点に関しては同じです。ですから、どのようにして算出するのかを理解しておく必要があります。

基礎控除の金額は38万円

白色申告の場合、基礎控除となる金額は38万円と決まっています。他の申告方法になると基礎控除の金額は大きくなりますが、開業届を出さなければなりません。白色申告は開業届を出す必要はないことから、所得が少ない個人事業主や副業を実践している会社員にとっては手間が少ない方法として人気があります。基礎控除の金額が大きくなれば、それだけ納めるべき税金が減ります。個人事業主であれば、開業届を出すことは今後事業を継続していく上で利益が多くなった時のことを考えると、開業届を出すメリットは大きいです。しかし、会社員であくまでも副業に留めたいのであれば、開業届を出す手間や勤務先に副業が知られてしまうリスクを考えると、白色申告の方が無難です。

確定申告するとき、特別に青色申告の承認を受けない限りは、つまり普通は白色申告となります。青色申告とは一定の帳簿をつけるなどにより特典がある申告方法です。