営業をアウトソーシングして業務効率大幅アップ!?営業代行の概要を知ろう

営業代行ってどんなサービス?

営業代行は、営業の一部もしくは部門丸ごと全てをアウトソーシングできるサービスです。営業代行を活用することで、営業に関する様々な問題を解決できます。たとえば、売れるはずの商品を持っているのに営業ノウハウが無い新興企業や、営業部門はあるものの人材が不足している企業にとって利用価値が高くなっています。ただし、アウトソーシングする内容のミスマッチには注意が必要です。自社の営業に関する足りない部分を把握し、それにマッチした業者を選ぶことが求められます。

営業代行にはどんな種類があるの?

営業代行を生業とする業者の中で最も多いのは支援タイプとなっています。テレフォンアポイントといった営業活動の一部をアウトソーシングできることが特徴で、その成果に拘わらず一定金額を支払う料金体系が基本です。成果報酬タイプの営業代行は、文字通り契約獲得などの成果に応じてのみ対価が発生します。アウトソーシングする側にとって非常に低リスクですが、必ずしも請負って貰えるとは限らない点がネックです。この他には、派遣会社のように短期間だけ営業マン利用できるものや、営業部門そのものをマネジメントして貰えるサービスなどがあります。

営業代行のメリットと注意点を知ろう

営業アウトソーシングサービスである営業代行最大のメリットは、固定費を減らせることです。たとえば閑散期と繁忙期の差が大きな業種にとって利用メリットが高くなっており、繁忙期にだけ利用することで人件費を大きく減らせます。営業ノウハウが全くない新しい企業であれば、営業代行を通じてノウハウを獲得出来るでしょう。ただし、機密情報リスクには十分注意しなければなりません。

契約成立といった成果が生じた時にだけお金を支払えば良い営業代行サービスは低リスクな点が魅力です。ただし成果が生じやすいサービスや商品を用意しなければ、しっかり代行して貰えない恐れがあります。